イチ押しの株デイトレ手法を公開!

私自身、今まで数多くの投資本を書いてきました。
そして、それらの本の中で数多くの手法を紹介していました。
その中に、かなり稼げる手法があります。
今までトータルでいくら稼いだかわかりません。
その手法を「イチ押し」として紹介します。
本では書かなかった「銘柄選びのコツ」「リスクを抑えた買い方」なども解説します。

イチ押しの株デイトレ手法の記事はこちら

デイトレードではモニターで何を見ればよいのか

トレーダーや手法によって異なります。
主に、以下の5つを表示させます。
 

  • 株価ボード……板
  • 騰落率ランキング……値上がり率ランキングと値下がり率ランキング
  • 日経平均株価のチャート……できれば、1分足、5分足、日足
  • 個別銘柄のチャート……監視銘柄の5分足
  • 株式ニュース……マーケット速報

 
株価ボードには監視銘柄を表示させておきます。値動きを把握したり、エントリーのタイミングを見極めます。
騰落率ランキングは値動きの大きい銘柄を探すのに欠かせません。できれば、「売買代金ランキング」も表示させましょう。
日経平均株価のチャートは相場全体の動きを把握するのに必要です。全体の動きから、買いとカラ売りのどちらが有利かを見極めましょう。5分足だけでもいいのですが、できれば、1分足や日足も。
個別銘柄のチャートはトレードのタイミングを見極めるのに必要です。
株式ニュース(市況ニュース)は材料が出た銘柄を見つけるのに欠かせません。また、相場の動きを左右するような材料を把握するのにも役立ちます。
以上の5つは、松井証券のネットストックトレーダーや楽天証券のマーケット・スピードで表示させることができます。
また、これをすべて表示させるとしたら、モニター1台では難しいと思います。できれば、3台くらいあるといいでしょう。
もちろん、初めから3台揃える必要はありません。利益を出せるようになってから増やしましょう。
ちなみに、私は現在、6台です。
 

まとめ
「株価ボード」と「騰落率ランキング」は欠かせない。
モニターは3台くらいあるとよい。初めは1台で、利益を出せるようになってから増やしいく。

 
最速で稼げる投資家になる! 株「常勝」トレーダーの100の教え(電波社)より

 
株 デイトレードランキング

 
スポンサーリンク