『10分足チャートを使ったデイトレ手法』を公開しました。
詳細はコチラ
極めれば、専業としてやっていけると思います!

リバウンド狙いで狙う銘柄

デイトレードのリバウンド狙いで狙う銘柄は、トレーダーによって少し違うと思います。
私の場合、以下のような銘柄です。

デイトレードの場合

  • 当日に大きく動いている銘柄
  • 直近で大きく動いた銘柄

当日、または直近で急騰、急落した銘柄を狙うわけです。

しかし、単に急騰、急落した銘柄となると、好材料によって急騰した銘柄や悪材料によって急落した銘柄も含みます。
私自身、こういった銘柄はあまり狙いません。

むしろ、材料が出ていないのに急騰、急落した銘柄を狙います。
こういった銘柄は、デイトレーダーが群がっています。
デイトレーダーが群がる銘柄は、上下のブレが多く、またそのブレの幅がそこそこあるので利幅を取りやすいのです。
上下にブレるとは、「10円上がって、5円下がる。また、10円上がって、5円下がる」「10円下がって、5円上がる。また、10円下がって、5円上がる」というような動きです。

銘柄は騰落率ランキングで探します。
騰落率ランキングとは、前日の終値に対して上昇率、または下落率の高い銘柄のランキングです。

値上がり率ランキング……前日の終値に対して上昇率の高い銘柄のランキング
値下がり率ランキング……前日の終値に対して下落率の高い銘柄のランキング

これらのランキングで見つけたら、株価ボードに登録して値動きをチェックしていきます。

リバウンド狙いとは?

※時間があるときに少しずつ書いています。後日、修正・加筆します

『デイトレードによる資産運用(低リスク手法)』を公開しました!
リスクを極力抑え、勝率の高いタイミングに絞り込んだトレード。
私自身、この手法を15年くらい使っています。
いくら稼いだかわかりません。
そのやり方を、一切隠すことなく、すべて公開!
>> 詳しくはこちら
条件を少し変えるだけで、「ふつうのスキャルピング手法」としても使えるようになります。
「ふつうのスキャルピング手法」にできれば ⇒ 専業になれる可能性が出てくる!
詳細