イチ押しの株デイトレ手法を公開!

私自身、今まで数多くの投資本を書いてきました。
そして、それらの本の中で数多くの手法を紹介していました。
その中に、かなり稼げる手法があります。
今までトータルでいくら稼いだかわかりません。
その手法を「イチ押し」として紹介します。
本では書かなかった「銘柄選びのコツ」「リスクを抑えた買い方」なども解説します。

イチ押しの株デイトレ手法の記事はこちら

日経ジャスダック平均や東証マザーズ指数を使う

どうも。
二階堂です。

今日のデイトレは大勝でした。
順調に利益を積み上げていくことができました。

ただ、最後に1回だけミス・トレードが。
指値注文の取り消しを忘れていて、大引け直前に買ってしまいました。
急いで、ぶん投げ。
1ティック分の損失で済みました。

◆日経ジャスダック平均や東証マザーズ指数で相場状況を見極める
今日のデイトレはリバウンド狙い中心。
途中から、押し目買いでも入りました。
こういった戦略の変更は、相場の状況を見極めたうえで決めます。
相場状況の見極めには、日経平均株価、日経225先物の5分足チャートを使います。
あとは、日経ジャスダック平均株価や東証マザーズ指数も使います。
「日経平均株価では見極めにくい」という人は、日経ジャスダック平均株価や東証マザーズ指数を使うといいでしょう。
こちらのほうが、日経平均株価よりも読みやすい。
値動きが、単純、単調なので。
たとえば、今日だと、どちらも14時過ぎまでは、「きれいな上昇トレンド」です。
途中から、「このトレンドが崩れるまでは、押し目買いでもいけるな」と判断できるわけです。
もちろん、指数とはちがった動きをする銘柄もあるので、個別銘柄の値動きもよく見極める必要があります。

日経ジャスダック平均株価 2019/01/08

東証マザーズ指数 2019/01/08

※チャート画像出所:松井証券 QUICK情報

 
株 デイトレードランキング

 
スポンサーリンク