日足ベースで上昇傾向の銘柄を狙う

デイトレの押し目買いや飛び乗りで入る場合、なるべく、日足ベースで上昇傾向の銘柄を狙います。
上昇傾向の判断基準はいくつかあるのですが、「安値を切り上げているかどうか」で判断しています。
日足チャートの高値と安値を線で結んでいき、「波」を描いてきます。
そして、安値が切り上がっている銘柄を選ぶわけです。

【実例解説】マーチャント・バンカーズ(3121)

例を挙げておきましょう。
下のチャートは、2021年11月5日にメインでトレードしたマーチャント・バンカーズ(3121)の日足チャートです。

赤い丸で囲ったところが安値です。
切り上がっているのはわかると思います。

もちろん、安値が切り上がっているからといって、デイトレで買えば必ず儲かる、というわけではありません。
入るタイミング次第では損失が出ます。
そのため、5分足チャートで「上昇の流れの継続」が確認できてから(日足のトレンドと同じ方向になってから)、買いのタイミングを探します。


 

【実例解説】キョウデン(6881)

もう1つ例を挙げておきましょう。
下のチャートは、直近で何回かツイートしたキョウデン(6881)の日足チャートです。

赤い丸で囲ったところが安値です。
先ほどと同じように、切り上がっているのがわかると思います。
この銘柄も、押し目買いや飛び乗りで何回も入っています。

押し目買いや飛び乗りで入るときは、このような銘柄を選んでいます。
できれば、高値も切り上がっているほうがいいでしょう。
高値も切り上がっていれば、ダウ理論によるトレンド分析でも上昇トレンドになるからです。

ちなみに、5分足チャートで節目を下抜けしたら、一旦、ポジションを決済します。
そして、再び「上昇の流れの継続」が確認できたら、買いのタイミングを探します。

まとめ

日足チャートで安値が切り上がっている銘柄を狙う。
5分足チャートで「上昇の流れの継続」が確認できてから(日足のトレンドと同じ方向になってから)、買いのタイミングを探す。
 
画像出所:松井証券『ネットストックトレーダー』
 

 

私がメインに使っているリバウンド狙い手法を公開しました。
『リバウンド狙い手法(デイトレ)』はこちら
リバウンド狙いは「入る位置」の調整ができるようになれば、どのような相場でも利益を出すことが可能になります。