私がメインに使っているリバウンド狙い手法を公開しました。
『リバウンド狙い手法(デイトレ)』はこちら

節目観(?)

節目って、どういうところですか?

といった質問をいくつか受けました。
一昨日のツイートに対しての質問ですね。

簡単にまとめると、

・投資家やトレーダーが意識している株価水準
・株価が反転しやすいところ

です。

私自身は、実際のトレードをとおして、「株価が反応しやすいところ」を節目と考えています。

「こういったところで反応するんだ」
「なるほど。こういったところは意識している人が多いんだ」

このようなデータを蓄積して、自分の中での「節目マニュアル」「節目観(?)」を作り上げました。

「節目マニュアル」「節目観」のベースとなるものがいくつかあります。

その1つは、「ダウ理論における重要な高値・安値」です。

ダウ理論をとおして相場を見ている人はたくさんいます。
当然、「ダウ理論における重要な高値・安値」で株価が反応しやすくなるわけです。

だから、ダウ理論がよくわからないという方は、まずダウ理論を勉強しましょう。
ダウ理論がわかっている方は、「どういった高値・安値で株価が反応しやすいのか」というデータを収集しましょう。
データを集めているうちに、自然と手法のようなものができるはずです。