リバウンド狙いで狙う銘柄

デイトレードのリバウンド狙いで狙う銘柄は、トレーダーによって少し違うと思います。
私の場合、以下のような銘柄です。

デイトレードの場合

  • 当日に大きく動いている銘柄
  • 直近で大きく動いた銘柄

当日、または直近で急騰、急落した銘柄を狙うわけです。

しかし、単に急騰、急落した銘柄となると、好材料によって急騰した銘柄や悪材料によって急落した銘柄も含みます。
私自身、こういった銘柄はあまり狙いません。

むしろ、材料が出ていないのに急騰、急落した銘柄を狙います。
こういった銘柄は、デイトレーダーが群がっています。
デイトレーダーが群がる銘柄は、上下のブレが多く、またそのブレの幅がそこそこあるので利幅を取りやすいのです。
上下にブレるとは、「10円上がって、5円下がる。また、10円上がって、5円下がる」「10円下がって、5円上がる。また、10円下がって、5円上がる」というような動きです。

銘柄は騰落率ランキングで探します。
騰落率ランキングとは、前日の終値に対して上昇率、または下落率の高い銘柄のランキングです。

値上がり率ランキング……前日の終値に対して上昇率の高い銘柄のランキング
値下がり率ランキング……前日の終値に対して下落率の高い銘柄のランキング

これらのランキングで見つけたら、株価ボードに登録して値動きをチェックしていきます。

リバウンド狙いとは?

※時間があるときに少しずつ書いています。後日、修正・加筆します

 
 

2022年3月8日に、私がメインに使っているリバウンド狙い手法(1分足編)を公開しました。
『リバウンド狙い手法 1分足編(デイトレ・スキャルピング)』はこちら
私が約17年間で習得した「リバウンド取りのスキル」をかなり書いています。
「勝率が高いタイミング」
「私がデイトレで勝てるようになった気付き」
「株価が上がるしかない状況」
「下降トレンド、調整局面、暴落時のリバウンド取り」
「大きな値幅狙いに切り替えて大きな利益を狙う方法(条件)」
「リバウンド狙いをアレンジした押し目買い」
など。