『急騰銘柄の先回り買い手法』を公開!
急騰しそうな銘柄を先回りして買い、急騰したところで売り抜ける手法です。
詳細はコチラ

急騰銘柄の先回り買い手法を公開

『急騰銘柄の先回り買い手法』をnoteに公開しました!

この手法は、急騰しそうな銘柄を先回りして買うといった手法です。
仕込んでおいて(先に買っておいて)、急騰したところで売り抜けます。
トレードのスパンは、短中期です。

私自身が実際に使っている手法です。
リーマンショック(2008年9月)の翌年あたりから使いはじめたので、約10年くらい使っています。
現在もこの手法を使って、毎年、高利回りを叩き出しています。

今まで、この手法については、書籍やブログ(公式サイト)でほとんど触れていません。
仕込んだことも、利食いしたことも、なるべく書かないようにしていました。
手法や銘柄などがバレないようにするためです。

拙著『最速で稼げる投資家になる! 株常勝トレーダーの100の教え』の中で、「私が書籍で推奨しようと思っていた30銘柄がすべて値上がりした」という話を書きました。
この30銘柄は、この記事で書いている手法によって選定された銘柄です。
本の中では、手法について一切書いていません。
詳しく紹介するのは、この記事がはじめてです。

急騰しそうな銘柄の見極め方から、仕込み(買い)のタイミングまでしっかり書いています。

この手法の特徴
①株価が低い位置で仕込むため、リスクが小さい
②資金を分散して仕込むため、リスクが小さい
③低位株祭りになると、手持ちの株が軒並み急騰する
サラリーマンの方でもトレードが可能!
⑤年に何銘柄かはストップ高、またはTOBによる大幅高になることがある

③の低位株祭りとは、低位株が物色される相場のことです。
年に数回あります。
そのときは、仕込んだ銘柄が軒並み急騰します。

⑤については、当然のことですが、「今後も必ずある」とはかぎりません。
「過去にあった」「今までは毎年のようにあった」というだけです。

この手法は、初心者の方でもできると思います。
ぜひ、資産運用にお役立てください。

『急騰銘柄の先回り買い手法』の記事はコチラ

価格は段階的に上げていき、4万円以上にする予定です。