日足ベースでの切り返し狙い

「日足ベースでの切り返し」「直近で急騰した銘柄の押し目買い」について、ざっくりとですが書きました。
やり方次第ではかなり稼げます。

まずは、どのような値動きを狙うのか、について説明しましょう。
以下のような値動きを狙います。

①直近で急騰

②数日間かけて下落

③切り返し

④直近高値を目指す

スイングの場合……「③切り返し」のところを狙って入る。
デイトレの場合……「③切り返し」のところを狙って入る。または、「④直近高値を目指す」ところで入る。

「③切り返し」のところでは、「切り返しのパターン」で入っています。
過去に同じような値動きをした銘柄のチャートから、「切り返しの共通パターン」を見つけ、そのパターンになったときに入ります。

「④直近高値を目指す」ところでは、「直近高値を目指す値動き」を確認できたら入っています。

【実例】プロルート丸光

直近でいえば、プロルート丸光がこのような値動きになりました。
8月6日(金)に「③切り返し」。
8月10日(火)と8月11日(水)は「④直近高値を目指す」。

プロルート丸光 直近の日足チャート

 
8月6日の前引け後のツイートと5分足チャート


8月5日の25日移動平均は約330円。
8月6日の安値は331円。
 
8月10日と8月11日の5分足チャート

日足ベースでの直近の高値までは、5分足チャートで高値と安値を切り上げながら上昇しています。

8月11日は14時過ぎに崩れました。
何回かツイートしていますが、直近で急騰した銘柄は14時過ぎに崩れることがあるので、注意が必要です。
よくあるパターンなので、8月11日は13時50分くらいから警戒していました。
崩れましたが、その後、けっこう戻りました。
「押し安値」はまだ下抜けしていません。

画像出所:松井証券『ネットストックトレーダー』
 

 

 

私がメインに使っているリバウンド狙い手法(1分足編)。
『リバウンド狙い手法 1分足編(デイトレ・スキャルピング)』はこちら
私が約17年間で習得した「リバウンド取りのスキル」をかなり書いています。
「勝率が高いタイミング」
「株価が上がるしかない状況」
など。