リバウンド狙いをメインにする理由

デイトレではリバウンド狙いをメインにしています。
リバウンド狙いは、「リバウンド取り」ともいいます。
リバウンドとは、「下落後の戻り」です。
このわずかな戻りで利益を狙うトレードスタイルです。
リバウンド狙いをメインにする理由は単純に稼ぎやすいからです。
もう少し具体的に述べると、以下の2つです。

①勝率が高そうなタイミングを選べる
②相場状況に関係なく、一年を通して稼ぐことができる

勝率が高そうなタイミングを選べる

トレードのタイミングはほとんどが急落したところです。
1日のうちに急落するところはたくさんあります。
急騰している銘柄でも一本調子で上昇するわけではありません。
下落するところがあります。その中には急落するところもあるわけです。
たくさんあるので、その中から「勝率が高そうなタイミング」だけを選んでトレードしています。
そのため、勝率が高く、コンスタントに稼げるわけです。
他の手法のように、入るタイミングが少なければ、勝率が高そうなところを選ぶことができません。たくさんあるからこそ、選べるわけです。
これはコンスタントに勝つためにかなり重要なことだと思います。

どのような相場局面でも稼ぐチャンスがある

押し目買いや高値ブレイクアウトなどのトレードスタイルの場合、上昇局面でないと入るタイミングが少なくなってしまいます。
そのため、どのような相場局面でも稼げるというわけではないのです。
しかし、リバウンド狙いの場合、どのような相場局面でも入るタイミングがあります。
上昇している局面でも、下降している局面でもあるわけです。
極端な話、暴騰していても、暴落していても入るタイミングがあります。
むしろ、暴落している局面は急落が多いので「稼ぎ時」です。
このように、どんな相場局面でも稼げるわけです。
一年を通して稼ぐことができるわけです。

以上が、リバウンド狙いをメインにしている理由です。

 

私がメインに使っているリバウンド狙い手法(1分足編)。
『リバウンド狙い手法 1分足編(デイトレ・スキャルピング)』はこちら
私が約17年間で習得した「リバウンド取りのスキル」をかなり書いています。
「勝率が高いタイミング」
「株価が上がるしかない状況」
など。