資金100万円で1日10万円以上の利益を狙うデイトレ戦略

「デイトレで毎日、大きく稼ぎたい!」
このように思うことは、けっして悪いことではないと思います。
しかし、「大きく稼ぎたい」という強い想いから、「値動きの激しい銘柄」や「多くのトレーダーが注目している銘柄」にやたらと飛びついたりするのは、あまりいいことだとは思いません。
それで大きく稼げたとしても、一時だけです。
いつかはロスカット(損切り)ができず、大きな損失を出してしまいます。
このようなトレードで退場していった人をたくさん見てきました。
私自身も過去にこのようなトレードで大きな損失を出した経験があります。

デイトレである程度の金額を継続して稼いでいくには、きちんとした「トレード戦略」や「トレードの方針」が必要です。

どのような銘柄を狙うのか?
どのような局面、どのようなタイミングを狙うのか?
どのような手法を使うのか?
1回のトレードでどのくらいの利益を狙うのか?
1回のトレードでどのくらいのリスクを取るのか?
トレードを1日に何回くらいするのか?

この記事では、「資金100万円で1日10万円以上の利益を狙うデイトレ戦略」について解説します。
デイトレとスキャルピングで十分可能な金額です。
もちろん、それなりのトレード技術が必要です。

信用取引を利用するので、リスクがあります。
レバレッジを効かせるため、売買手数料を抑えるため、差金決済を避けるため、(状況によっては)カラ売りで入るため、信用取引が必要になります。
リスクがあるので、十分に注意してください。
技術がないと、レバレッジを効かせる分、資金がどんどん減ってしまいます。
「毎日1万円の利益を得られる技術」を身につけてから始めてください。
こういったこともあって、先に『資金100万円以下で毎日1万円の利益を目指すデイトレスタイル』の記事を掲載しました。

『1日10万円以上の利益を狙うデイトレ戦略』では、「1回のトレードで1〜10万円の利益を狙うデイトレ」と「1回のトレードで数千円の利益を狙うスキャルピング」を使い分けます。

1回のトレードで1〜10万円の利益を狙うデイトレ
リバウンド狙い
押し目買い
波乗り

1回のトレードで数千円の利益を狙うスキャルピング
リバウンド狙い
板・歩み値読み

『リバウンド狙い手法 1分足編(デイトレ・スキャルピング)』を公開しています!

1回のトレードで1〜10万円の利益を狙うデイトレ

リバウンド狙い

どんな銘柄を狙う?
値動きが大きい銘柄
普段よりも出来高が多くなっている銘柄

ゆっくり下がってきてからのリバウンドではなく、急落からのリバウンドを狙います。
「一瞬で獲る」というイメージです。
なので、「急落しやすい状況」がわかっていると、成功しやすいです。
このスタイルはリスクがあるので、必ず「何か下支えがあるところ」、または「リバウンドしやすい根拠があるところ」で入ります。

押し目買い

どんな銘柄を狙う?
直近で好材料が出た銘柄
値動きが大きくなっている銘柄

5分足チャートで上昇傾向になっていることを確認し、下落後に再び上昇する動きがあったら入ります。
1分足チャートに落とし込んで、タイミングを見極めてもいいでしょう。
私の場合、入るタイミングは「チャートの形」で決めています。
何か下支えがあれば、なおよし、です。

波乗り

どんな銘柄を狙う?
直近で好材料が出た銘柄
値動きが大きくなっている銘柄

株価が上昇していくところ、下落していくところを狙います。
「上昇の波に買いで乗る」
「下降の波にカラ売りで乗る」

というイメージです。

必ず、5分足チャートのトレンドに対して、順張りで入ります。

取るリスクを小さくして、入ってダメだと感じたら、すぐにロスカット、または微益で撤退する。
「波にうまく乗れなかった」「波が終わってしまった」と感じたら、すぐに撤退するわけです。
これを徹底します。

1回のトレードで数千円の利益を狙うスキャルピング

リバウンド狙い
板・歩み値読み

1回のトレードで2000〜5000円の利益を狙い、それを積み上げていきます。
なので、10万円以上の利益にするには、トレード回数をこなさなければなりません。

銘柄は、値動きが大きく、また、普段よりも出来高が多くなっているものです。
1〜3銘柄に絞り込んでトレードをしたほうがいいでしょう。

トレンドがなく、レンジになった状況でも狙っていきます。
ただし、レンジの上下幅がせまい状況では狙いません。
ある程度の値幅が必要です。

リバウンド狙いは、大きな値幅の下落だけでなく、小さな値幅の下落でも入ります。
板の状況をよく見ながら、コツコツ拾っていきます。

板・歩み値読みは、順張りと逆張り、どちらでもいいでしょう。

トレードの回数が多いので大変ですが、スキャルピングの技術を身につけてしまえば、淡々とこなすだけです。

以上です。
あくまでも、私の考えなので、こういうやり方でなければ稼げない、というわけではありません。

また、「利益を狙う」ということなので、利益を保証するわけではありません。
ご理解ください。

 

私がメインに使っているリバウンド狙い手法(1分足編)。
『リバウンド狙い手法 1分足編(デイトレ・スキャルピング)』はこちら
私が約19年かけて作り上げたリバウンド狙い手法について書いてます。
リバウンド狙いであれば、どのような相場状況でも稼ぐチャンスがあります。