相場全体が大きく下落している日でも買いで儲けられるのか?

儲けられます。
ただし、それなりのスキルが必要になります。初心者は売買しないほうが無難かもしれません。

相場全体が大きく下落している場合によく使われる手法は、「リバウンド狙いの買い」です。
リバウンド狙いの買いでは、急落したところのわずかな戻りで利益を狙います。
相場が暴落しているわけですから、急落している銘柄や急落するタイミングはたくさんあります。仕掛けどころには困らないはずです。

しかし、実際にやってみると、かなり難しいと思うはずです。「リバウンドするだろうと思って買うと、さらに大きく下落する」ということがよくあります。それも勢いよく下落するので、初心者はその値動きに対応できないはずです。

暴落相場におけるリバウンド狙いのコツは、チャートをよく見て、なるべく株価が低い位置で買うことです。
すでに大きく下落している、または下げ切っているという銘柄、下げ切っているタイミングで買うこと。
こういった銘柄やタイミングでは、さらに下げたとしても、その下げ幅はわずかです。また、下がれば、買いたいというトレーダーや投資家が現れやすいので、切り返す可能性があります。

もちろん、ロスカットがきちんとできるということは、絶対条件です。ロスカットがきちんとできないのに暴落相場で株を買うのはあまりにも無謀過ぎます。

ちなみに、私は暴落相場におけるリバウンド狙いが大得意です。

※『最速で稼げる投資家になる! 株常勝トレーダーの100の教え』より

まとめ
暴落相場におけるリバウンド狙いのコツは、チャートをよく見て、なるべく株価が低い位置で買うこと。
下げ切っている銘柄を、下げ切っているタイミングで買う。

 

私がメインに使っているリバウンド狙い手法を公開しました。
『リバウンド狙い手法(デイトレ)』はこちら