デイトレで入る銘柄を株価の価格帯で絞り込む

私はデイトレで入る銘柄を株価の価格帯で絞り込んでいます。
ここが他のトレーダーのデイトレと大きく違う点でしょう。
トレードする銘柄を株価の価格帯で絞り込んでいるデイトレーダーは、あまりいません。

現在、100円から600円の銘柄をデイトレの対象にしています。
以前は300円以下の銘柄を対象にしていました。
アベノミクスで全体的に株価が底上げされたことから、現在の100円から600円にしています。
状況によっては800円まで広げます。

ではなぜ、トレードする銘柄を株価の価格帯で絞り込むのでしょうか?
その理由は単純。
稼げるからです。
価格帯で絞り込むことによってトレード手法の精度が高くなり、勝率が高くなる。
その結果、安定して稼げるわけです。

私の場合、リバウンド狙いがメインです。
株価の下げ幅や下げ止まるところを読んで入ります。
この読みの精度が勝敗を大きく左右します。
株価3ケタの銘柄で上下1、2円の誤差に収めることができれば、リバウンド狙いでかなり稼げます。資産はどんどん増えていくはずです。
100円から600円までの銘柄であれば、大きな誤差はほとんどありません。
株価が高くなるにつれて、誤差も大きくなります。
そのため、なるべく誤差が小さい、100円から600円までの銘柄に絞り込んでデイトレをしているわけです。

クセの悪い銘柄がわかる

同じ価格帯の銘柄ばかりをトレードしていると、クセの悪い銘柄がわかってきます。
クセが悪い銘柄とは、急騰してもすぐに急落してしまう銘柄のことです。
このような銘柄を知っておくことは、デイトレの立ち回りでとても重要です。
無駄な損失を減らせるからです。
クセが悪い銘柄だとわかっていれば、急騰してもを追いかけるようなことはしません。
株価が下がってくるのを待ちます。
そして、普段よりも低い位置で入るようにします。
こうすることで急落に巻き込まれる確率を下げることができ、小さいリスクで利益を得ることができるわけです。

価格帯を絞り込んでトレードすれば短期間で稼げるようになる

過去に、数人の方に、
「デイトレで入る銘柄を株価の価格帯で絞り込んでみてはどうですか」
「株価100円から600円の銘柄に絞り込んでみてはどうでしょうか」
とアドバイスしたことがあります。
経験を積んで誤差を小さくすることができれば、稼げるようになると思ったからです。
しかし、誰一人として実践した人はいませんでした。
価格帯で絞り込むことによって、デイトレの対象となる銘柄が少なくなってしまうからです。やりにくくなるのでしょう。
株価に関係なく、儲かりそうな銘柄があれば入りたい。
そう思うのは当然です。
しかし、それではなかなかコンスタントに稼げるようになりません。かなり時間がかかってしまうでしょう。
価格帯を絞り込んでトレードすれば、短期間でコンスタントに稼げるようになるはずです。
最初はやりにくくても、先々のことを考えると価格帯で絞り込むだほうがよいのではないでしょうか。

 

 

私がメインに使っているリバウンド狙い手法(1分足編)。
『リバウンド狙い手法 1分足編(デイトレ・スキャルピング)』はこちら
私が約17年間で習得した「リバウンド取りのスキル」をかなり書いています。
「勝率が高いタイミング」
「株価が上がるしかない状況」
など。